5月29日・30日(1泊2日)で、お仲間の夢子さんとご一緒に軽井沢を歩いてきました。


1日目(5月29日)の行程

池袋出発 8:10 ⇒ 軽井沢駅到着 11:00
駅前から軽井沢銀座 ⇒ 浅野屋(手作りパン屋)にて昼食
ショー記念館 ⇒ 旧碓氷峠見晴台 ⇒ 万平ホテル ⇒ 軽井沢駅⇒ 信濃鉄道で中軽井沢のお宿

(左)軽井沢駅ビル    (右)駅前の景観(マイカーでは見た事のない眺め)



(左)駅前道路・以前車で通過したことのある懐かしい交差点 (右)沢山のお店が並んでいます



軽井沢銀座には、アートの看板が目に入ります



≪ 芭蕉句碑 ≫

『 馬をさへ ながむる 雪の あした哉 』 「のざらし紀行」中の一句



≪ 軽井沢ショー記念礼拝堂 ≫




≪ ショーハウス記念館 ≫

明治19年英国聖公会から派遣された宣教師 A・C・ショー氏は、優れた高原美と清涼な気候を愛し、
21年に避暑用として旧軽井沢に別荘を建てました(軽井沢の別荘 第一号です)

ショーハウスの外観と、一室(層2階で部屋数がありました)



旧碓氷峠見晴台へ向かう 

(左)二手橋が見えてきました。 (右)二手橋から右方向へ進みます。



14:10見晴台に到着。  群馬県と長野県の県境があります。



(左)見晴台には、磁石は無いが!羅針盤が、(右)周りの木が大きくなり!景色が悪い。



それでも、遠くの景色はよく見えます。



天皇陛下・皇后陛下の皇太子時代のお写真(お若いです)と、ロマンスのテニスコート。



(左)雨が降って来ました。 (右) 万平ホテル入口



(左)万平ホテル(右)万平ホテル左横の新緑が美しい静かな道

(唯一石畳が残っている「幸福の谷」をさがしましたが、見つからず、、、残念!)



16時、雨も止み軽井沢駅に着きました



(左)軽井沢らしい素敵な お宿に泊りました。   (右)ご馳走を前に 夢子さんと記念写真



ロビーで可愛い猫ちゃんが迎えてくれました(近寄ると、愛くるしい動きと鳴き声で癒してくれました)
 おやすみなさい (-_-)zzz 



夢子さんとご一緒の旅行は、昨年の4月にお訪ねした「ならねこさんの京都・奈良(母娘の作品展)」、
以来”LINk71・Link72”、1年ぶりになります。夢子様、お世話になりました。
(ならねこさん、ご主人様、お嬢様には大変お世話になりました(楽しい思い出がいっぱいです)

昨年の京都・奈良の2日間では 47,000歩、歩きましたが、本日も1日目で26,282歩を歩きました。
翠昌は普段歩く機会が少ないのですが、夢子さんとご一緒によく歩きました。

二日目は「信濃路自然歩道」を歩くことになっています。
信濃路自然歩道は、次回に更新させていただきます。


いつも訪問してくださり、有難うございます。

inserted by FC2 system 戻る

inserted by FC2 system