昨年の9月に続いて、今年は6月9日〜11日まで水芭蕉の咲く尾瀬へ行きました。
メンバーは昨年と同じM先生(運刻斎さん)と乙女?ママさんです。
(草紅葉の尾瀬はリンクリンク48・49をご覧ください)
今回A先生は残念ながら、お仕事の都合でご一緒できませんでした。

☆一日目:東京→上毛高原→鳩待峠→山ノ鼻→中田代三叉路→龍宮→第二長蔵小屋(宿泊)
☆二日目:第二長蔵小屋→下田代十字路→段小屋坂→沼尻→小沼湿原→長蔵小屋(ビジターセンター見学)
       →上記をユータウンで(⊃)戻り第二長蔵小屋(宿泊)
☆三日目:第二長蔵小屋→東電小屋→ヨッピ吊橋→中田代三叉路→山ノ鼻→鳩待峠→上毛高原→東京


昨年と同じ案内板!同時刻に出発(懐かしい)。     鳩街峠に到着(11:40到着)こちらで昼食です。



歩き始めて(12:30 )残雪が残る至仏山は、よリ美しい姿でした。



≪尾 瀬 の 花 ≫
<オオカメノキ>                 <エンレイソウ>



<ミズバショウ>            <サンカヨウ>



鳩待峠から山ノ鼻へ下る道に並行して流れる川上川を渡ると、、、、    山ノ鼻へ到着です(1:30)。



センター前でザックを置きしばしの休憩です。  先生の淹れてくださったコーヒーは最高に美味しかったです。



尾 瀬 の名物 ” 水 芭 蕉 ” が映えて素晴らしい眺めでした。



壮大な燧ヶ岳を目の前にして木道を歩きます。       木道沿いには水芭蕉が咲いています。



昨年の草紅葉と同じ一本の白樺も懐かしく、、、。 スケッチをされている方もいました。 <ショウジョウバカマ>



団体さんも木道をかっ歩!元気です。      自然学習の学生さんたちも記念撮影。        



燧ケ岳をバックに尾瀬ケ原を満喫です。



素敵な景色にうっとりします。             <ひばりの巣>



<リュウキンカ>         <リュウキンカの群生>



<ミズバショウ>        <ミヤマエンレイソウ>



<サンカヨウ>          <ザゼンソウ>



竜宮小屋を通過すると見晴地区の山小屋が見えてきました。   第二長蔵小屋に到着(15:50)



ザックを部屋に置いてさあ、お散歩に、、、 見たこともない美しい空が ”感動!!”。



木道に惹かれて・・・           小屋の横には雪が融けることなく残こっていました。



17:30  一番乗りで食堂へ、乙女?ママさんの接待で、、 今夜の御馳走を美味しく頂きました。



例年に比べ残雪が多く残る尾瀬ケ原は、透明な水面に冠雪の山々が映し出されて素晴らしい眺めでした、
そして木道脇には白い水芭蕉や、黄色いリュウキンカ、淡紅紫色のショウジョウバカマなどの花々が咲き、
6月の尾瀬は変化に富み楽しいトレッキングになりました。3日間快晴の下、歩けたのもラッキーでした。
M先生、乙女?ママ様どうも有難うございました。1日目は26,800歩きました(乙女?ママ様の万歩計より)
2日目・3日目は次回に更新させていただきます。


有難うございました。

inserted by FC2 system 戻る