Kコーラスの皆さまとの上海旅行の3日目は、あいにくの雨になってしまいました。
A・IさんT・Iさんご夫婦は、予定を少し変更されて計画を立て直してくださいました。


【3/14日曜日】
3月14日(日)は、9:00にホテルロビーに集合し8人で観光に出発しました。

≪朝食:上海の地下鉄初体験≫

「←」ここで朝食バイキング。  「↓」切符販売機で購入 。 「→」これは地下鉄の切符(カード)です。



地下鉄の自動改札口を通過します。 ホームには落下防止柵があり、電車が進入するとドアが開きます。


≪南浦大橋 布市場≫

大きな南浦大橋 布市場。  各店には色とりどりのドレスが並んでいました。


≪昼食:フランス料理≫

昼食は「MARDI GRAS」でフランス料理を堪能しました。
お店入口外観 と 店内


食後の楽しい歓談。  美味しいランチメニューでした。



≪宋慶齢故居≫

宋慶齢故居はドイツ人商人が建てた洋館で、戦争の混乱期、次々と持ち主が変わりました。
洋館を建てたドイツ人は中国がドイツに宣戦布告したことにより国外退去になり、
その後洋館を購入した英国人も日本軍により母国へ送還されました。
最終的には宋慶齢の住居として1948年から15年間ここで暮らし、この場所で多くの要人と会見しました。
故居内には宋慶齢が会見した多くの政治家の写真、調度品が飾られています。

宋慶齢(そう けいれい)は宋家の三姉妹のひとり。孫文夫人として知られています。
長女の靄齢(あいれい)は財閥の御曹司・孔祥煕(こうしょうき)と結婚し、中国経済を左右する影響力を有し、
三女の美齢(びれい)は国民党の若き軍司令官、蒋介石(しょうかいせき)と結婚して未曾有の権力を手に入れる。
宋慶齢は長女、三女とは異なり共産党による革命を一貫して支持し、建国後は中華人民共和国名誉主席となり、
政治家からの人望も厚かった。革命を戦った著名な政治家の多くが攻撃された文化大革命中(1966-76)、
紅衛兵から批判された宋慶齢を、当時の国務院総理・周恩来(しゅう おんらい)が庇護したのは有名なエピソードです。
(インターネット調べ)

入場券の購入。 「宋慶齢故居」入口で記念写真。
 

入口からの景観。  上海宋慶齢故居に建つ宋慶齢の像。
 


左側のナンバー1405:この車は1952年にスターリンから送られた「ヴォルガ」のリムジンです。
右側のナンバー1680:宋慶齢が生前に使用た国産の「紅旗」のリムジンです。



故居裏側の庭。芝の緑がとても美しい庭園が広がっています。  



故居裏側のテラスの眼下に庭園があり、建物の白壁が西洋の香りを漂わせています。銘木「桂花」シナモンです。


宋慶齢故居内の略図。上海宋慶齢故居記念館入口から見た全景です。 


≪真 珠 城≫

真珠城にてお買い物。 真珠城店内にて。


≪テ レ ビ 塔≫

雨の中を徒歩で移動、生憎の天候で高いテレビ塔の上部は霞んで見えません。



≪ショッピングモール≫

新しい「正大広場」内を見学、見上げて「うん、、、きれいで大きいです」。翌朝の朝食を購入しました。


≪夕食:中華料理≫

今夜の夕食は「上海廊亦舫酒楼正大店」にて中華料理を頂きました。 夜の帳が、だんだんと美しくなります。


中華料理は16品目注文。椰子のジュース缶と中国のトップブランド青島(ツンタオ)ビールです。全員で記念写真を撮りました。



夜景が見える窓際の席からは、美しいネオンの街が一望出来ました。青く丸いネオンは遊覧船です。


【3/15月曜日】
いよいよ日本に帰国の最終日です。A・I さんはホテル 7:00 出発の私達を見送るために、
朝早にもかかわらず、いらしてくださいました(ご主人様はお仕事です)どうも有り難うございます。

≪ホテル:ロビー≫

出発前に、7人の記念写真を撮って戴きました。


 浦東空港へ向かう送迎バスの車上から 「上海の街 ありがとう」


上海空港にて細い筆で器用に字を書き入れてます。 ANNの機内昼食。無事に成田空港到着です(13:55)。



≪帰 宅 後≫

I さんご夫婦のお宅でご馳走になった「ピーナッツ煮豆」ピーナツをレシピ付きでお土産に頂きました。
帰宅の数日後にT・I さん考案の[トントン流調理法]で作りました。

「←」24時間浸したピーナツを、あく抜きして圧力鍋で煮込みました。「→」完成品、美味しかったです。


楽しかった4日間の上海旅行が終わって、はや40日となりました。

上海は5月1日〜10月30日まで開幕される上海国際博覧会に向けての工事が行われていました。
道路や地下鉄も整備され新しい上海に生まれ変わっているようです。
市内から空港へ向かう高速道路(都市は無料・郊外は有料)車上からは上海博覧会の、
いくつかのパビリオンを観ることが出来ました。過去最多の242カ国・国際機関が参加で、
史上最高と見込まれているそうです。
整備も進みTVでは日に日に沿道の花壇が増えていると放送されていました。
翠昌は本当に良い時期にKコーラスの皆さまから上海旅行のお誘いを受けて幸せでした。
お世話になった I さんご夫婦、Kコーラスの皆さま、どうも有難うございました。
素敵なご縁で、ご一緒に旅行させて頂き幸せに思います。これからもよろしくお願い致します。

bQでも A・IさんとT・Iさんご夫婦のお写真を一部使用させて頂きました(有難うございました)。


有難うございました。

inserted by FC2 system 戻る