3月12日(金)〜15日(月)の4日間、Kコーラスの皆さまと上海旅行に行って参りました。
上海の観光は13(土)・14(日)の中2日間でしたが、上海滞在のA・IさんT・Iさんご夫婦が、
朝早くから夜遅くまで上海を案内してくださり、とても中身の濃い楽しい旅行になりました。

【3/12:金曜日、いよいよ出発】
成田空港集合16:40。成田出発18:40。上海空港着21:10。ホテル着23:00の予定が、、、
送迎バスが遅れ待つこと○○、ホテル到着は24時になり結局眠りについたのは1:30(日本時間2:30)
I さんご夫婦は遅れた私達のホテル到着を待ち、にこやかに迎えて下さいました(嬉しい再会です)

「←」上海空港到着  「↓」ホテルロビーA・Iさんご夫婦のお迎え 「→」私達の部屋



【3月13日:土曜日】
2日目の8:30、I さんご夫婦のご案内でタクシー2台に乗り、上海の観光に出発です。

翌朝5:50、ホテルの部屋(5F)窓からカメラを出して三方を撮影。



≪豫園商場≫(ヨエン)

発展・開発が続く上海で、豫園の周辺は伝統的な中国建築物が保存されています。
1日50万人くらいの観光客が押し寄せ、殆どが中国の地方からの観光客だとか。
外国人観光客のお目当てでもあり、宝石やアクセサリ、扇子をはじめとした中国の民芸品、
漢方薬など、観光客のための品揃えは豊富です。中国風の小物類を探すなら最適なところ
ですが、値段はちょっと高めというよりも、かなり高いそうです。
食べ物屋さんが一杯あり、点心といった小吃(しゃおち)といわれる軽食物が沢山あるそうです。

中国建築・庭園「豫園」に向いました。
「←」早朝で人通りが少ない一般道路。  「→」最初は豫園商場内を歩きました。





中国の雰囲気がいっぱいのお店が、ずらりと並んでいます。



丑の頭がそのまま店頭に、、、 屋台でも太く大きい筆などが沢山陳列されていました。   



≪豫園の庭園≫約2万u(周りに豫園商場があります)

1559年、明代の役人が父親のために18年かけて造った私庭ですが、
その造りは江南古典庭園随一の名園と称されて、石と池を配した洒落た庭園です。

「↓」石と水が織り成す造形美、「→」建物の屋根が反り返る中国らしい風情を感じさせる仰山堂(ぎょうざんどう)



(危ない!)見た目は凹凸が、、平らな石畳です。  建物と花木と石が複雑に組み合わさって出来ています。



点春堂の側には龍が泳いでいる龍壁がありました。
私庭では皇帝の象徴である龍を勝手に使用することはできなかったのですが、
指の数を1本減らして言い逃れたそうです。



庭園のあちこちで江南庭園の特徴である小さな空間を無限の広がりに見せる、
素晴らしい匠の技を見ることができます。色とりどりの鯉が泳ぎまわっていました。



○も通路です。    九曲橋で記念写真、奥は湖心亭という楼閣が建っています。



≪田子坊(ティェンツゥファン)」≫(タコボウ)

泰康路(タイカンルゥ)と建国中路(チェングォチュンルゥ)の間に、
新しい観光スポット「田子坊」ができました。世界各国から集まったアーティスト達が集う街で、
7万平方メートルの敷地内にギャラリーショップやレストランがあります。
「田子坊」が観光スポットになっている今でも、石庫門の上では一般市民が普通の生活をし、
上を見れば洗濯ものも干してあります、日本語で書かれたボードを数店舗見かけました。

「←」田子坊入口にて記念写真。「↓」田子坊の案内図 。 「→」上を見れば七転び八起きの旗が見えます。









≪昼食・中華料理≫

「←」予約の「杏花楼」にて、「↓」中華料理13品目を美味しく頂きました。
  「→」昼食後はシャンプーとマッサージ(本場のツボ、さすがでした)



≪徐匯苑内散策≫

徐匯苑内には高級賃貸マンション、高級内装済み住宅、商業施設、リクリエーションセンターなどがあり、
住勤接近の暮らしが可能です。国際水準レベルの最新鋭物件管理を行う徐匯苑ビジネスビルは、
品質を重視する各中外企業の理想的なオフィスです。(インターネット調べ)

3人の子どもが!考え込んでいます?⇒ ”囲碁”さすが中国です。



みなさん、童心にかえって楽しんでいます。



≪コールプラタナス練習≫

I さんご夫婦が所属されているコーラス(コールプラタナス)に訪問して、練習に参加させて頂きました。
全員で発声の後は、先生のユーモラスなお話しを交えた指揮のもと数曲を歌いました。
混声合唱の魅力が一杯のコーラスを体験させていただき勉強になりました、皆さま有難うございました。

コール・プラタナスの練習報告がURLにアップされましたと、T・Iさんよりご連絡がありました。
コーラス[コールプラタナス]3月17日更新(2010年3月13日練習報告)はこちらです。




≪夕食・上海料理≫

「老弄堂」にて上海料理13品を美味しく頂きました。アボガドとスイカのジュースです。



≪ I さんご夫婦のお宅に訪問≫

前夜12日遅くのお迎えと、今朝早くからの案内でお疲れのところ、お宅にご招待してくださり、
トントン流調理法で作られたピーナッツ煮豆等いろいろご馳走をしてくださいました、
感激でお腹も胸もいっぱいになりました。どうもありがとうございました。

T・Iさん歓迎の花。 A・Iさん作成のパン粘土。 皆で記念写真。



上海旅行のきっかけは、2月に友人(Oさん)から3月K・Kコーラスの5人で元お仲間のA・Iさんが
滞在している上海をに行きますが、ご一緒に行きませんか?とのお誘いでした。

Kコーラスの皆さまとは、2006年3月に公演された“Y少年少女合唱団の定期演奏会”の
ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」にゲストとしてご一緒に出演した時お会いしました。
その他、2006年はいくつもの行事にKコーラスのメンバーとして参加することになりました。

♪ 3月:「サウンド・オブ・ミュージック」第一部「歌の花束」のコーラスに参加(リンク・4)
♪ 6月:フジテレビ、タモリさんの「笑っていいとも」替え歌コーナーにテレビ出演。
♪ 8月:サウンド・オブ・ミュージック再演「♪ 2つの♪ミュージカル」出演(リンク8と10)
♪10月:Y公民館まつりの合唱に参加
♪12月:「陸上自衛隊演奏会」の合唱に参加(リンク・13)
♪12月:「小江戸・川越」旅行にご一緒(リンク・16)
(リンクはHPサイトマップをご参照ください)

Kコーラスの皆さまとは、練習を含めると2005年末から1年以上のお付き合いをさせて
いただきました(A・Iさんはその時の幹事さんでお世話になりました)翠昌はTコーラスです。

翠昌は素敵なご縁に感謝しております。

更新ではA・IさんとT・Iさんご夫婦の写真も使用させて頂きました(有難うございます)
3日目(14日)は次回に更新させていただきます。

有難うございました。

inserted by FC2 system 戻る