2006年3月19日、Y市文化センターに於いてY市・Y市教育委員会主催によるY少年少女合唱団の 定期演奏会、ミュージカル公演
「サウンド・オブ・ミュージック」が開催されました。映画お芝居でお馴染のミュージカルですが 、団員25名総出演のため子供7人を24人で
演じて、マリア先生役を中心に幼稚園児から高校生たち皆一生懸命練習をし、回を重なる たびにどんどん上達をして素晴らしい舞台に
なりました。トラップ大佐、修道院長、ナチの地方長官、修道女、音楽際司会者の大人の 配役は賛助出演です。
第一部「歌の花束」 第二部「ミュージカル」の思い出アルバムになりました。
【あらすじ】第二次世界大戦中のオーストリア。修道院の修道女見習いマリアは、歌と自然が大好き。 修道院長は外の世界を知ってもらおうと、マリアを妻に先立たれた
退役軍人トラップ家へ家庭教師として派遣する。 マリアの自由奔放な人柄に子供たちは心を開いていく。子供の歌声を聴き、大佐もマリアに心ひかれ結婚を申し込むが、
突然の出来事に当惑したマリアは修道院へ逃げ帰る。しかし、修道院長の励ましによりトラップ家に戻り大佐のプロポーズを受け入れる。
折しも、ナチス・ドイツがオーストラリアを併合。大佐の元へもナチスから召集令状が届く。祖国への愛を貫く覚悟の大佐と マリアは、愛する子供たちを守り、自由を手に
するため亡命を決意する。そしてナチス監視下の音楽際に出場し、隙をうかがって オーストラリアを脱出する。修道院のシスターたちの協力で一家はアルプスの山を越え、
自由の新天地を目指す。

ロビーに配役紹介など ------------------------------- 第一部「歌の花束」クローバーさん
----------


第一部「歌の花束」シニアたち------------------------- 第一部「歌の花束」ゲスト出演 コーラス
----------


第一部「歌の花束」ゲスト出演 コーラス---------------- 第二部:マリアの「サウンド・オブ・ミュージック」の歌声から
----------


マリアと子供たちによる「ドレミの歌」------------------- マリア、トラップ大佐、子供たちで「エーデルワイス」
----------


ザルツブルグ音楽際会場にて------------------------- フィナーレ「すべての山に登れ」を全員合唱で
----------


出演者全員の配役紹介----------------------------- 子供たちよりスタッフへ花束を
----------


主催者より挨拶------------------------------------ 最後に全員で「ドレミの歌」の合唱
----------

有難うございました。

戻る

inserted by FC2 system