------------- 市民オペラ「杉原千畝物語」開演/


第1回 四街道市民オペラ
「杉原千畝物語」

2018年9月1日(土)四街道市民オペラ「杉原千畝物語」の公演がありました。

11時開演も15時開演もチケットは完売で、大好評の内に幕をあげました。

15時には杉原千畝さんのご長男弘樹の奥様(杉原美知様)と、お孫さん(杉原まどか様)が
東京からお越しくださいました。(遠くからお越しいただき有難うございました)


☆画像が表示されない場合は⇒ 「×」を右クリックし「画像表示」をクリックしてください。


8月29日(水)夕刻より舞台仕込みとパンフレット差し込み 同時進行で 
黒紗幕吊り


山台設置


バックの桜 取り付け 


はると早稲田ダンサーズ (30日(木)の練習にて)


幸子:沖藍子  ソロの踊り:鴻巣加奈 (30日の練習にて)


ニューヨークのシーン 鴻巣バレエ(31日(金)のゲネプロにて)


幸子:沖藍子(30日の練習にて) 


最終章「人道の桜」花吹雪が舞いました (9月1日本番)


舞台横から客席 (9月1日本番)


カーテンコール全員 (31日のゲネプロにて)


カーテンコール中央 (31日のゲネプロにて) 


カーテンコール (9月1日本番 友人がスマホで)


11時公演終了後のロビー


午前の公演を終え、お客様のお見送りしてから皆で昼食



2回の公演と お見送りを終えて、事後交流会会場(終演後の舞台では後片付けが、有難うございました)

安藤先生のご挨拶

(四街道市長 佐渡 斉様もお越し下さいました)


出演者それぞれの挨拶
鴻巣加奈先生と早稲田ダンサーズ&はる 








千畝:秋山健治さん、幸子:沖藍子さん


秋山健治さんとダンサーズ&はる そしてサリー


◎15時開演の千畝:内山信吾 幸子:大隅智佳子さんは翌日御用があり参加出来ませんでした。
(舞台で共演出来大変幸せでした、そして有難うございました)


”市民オペラから 数日後 ”

9月11日の夜 早稲田ダンサーズ&はる 7人の楽しい打ち上げ


この様な大きな舞台(オペラ)に出演したのは、コーラスを始めて初の事ですした。
「何故出演を決めたの?」と友に聞かれ、素直に「歌いたかったから」と答えました。

安藤先生の下 スタッフ・出演者は疲れを忘れ練習を積み重ねて来ました。
偉大な人物 杉原千畝さんをオペラに、プロ4人との共演は最高でした。
練習中、逃れてきたユダヤ人と千畝さんの想いが伝わって何度か涙が・・・
後日、杉原まどか様から安藤先生宛に感謝のメールが届きました。
(お越し下さり有難うございました)

当日と翌日に、友人達から嬉しいメールが届きました。
素晴らしかった・感激した・あれほどの人とは知らなかった・素敵な時間を有難う・
皆さんの一生懸命さが伝わり感動した・素晴らしく感動した・生き生きといていた・
大成功おめでとうございます・翠昌の頑張り感動しました・思わず写真を撮った・
皆さんとても上手で素晴らしかった・誘ってくれてありがとう・等などでした。
お仲間の皆様、有難うございました。

安藤由布樹先生始め、スタッフの皆様、実行委員会の皆様、出演者の皆様、音響・照明の皆様、
文化センターの皆様、当日お手伝いして下さった皆様 大変お世話になりました。

お忙しい中 観にいらしてくださった皆々様、どうも有難うございました。
お陰様で大変貴重な経験をさせて頂き感謝しております。

尚 舞台の写真は不二丸さんと、お仲間が撮ってくださったものを使用致しました。
(思い出の写真を、有難うございました) 他と交流会はスマホで撮影。

★ 千葉296TVにて11月1日から1週間 下記で放送されます。
放映舞台:午前11時開演の舞台
放送時間:18時〜20時
再度お楽しみください。

又、両舞台のDVDが10月に入ると出来上がり、予約で購入できます。

皆様、ご協力有難うございました。


いつも訪問してくださり、有難う御座います。

戻る
inserted by FC2 system